美肌・美白
  • 美肌・美白
  • 脱毛
  • 目・二重・目元まわり
  • ダイエット・痩身
  • しわ・たるみ
  • 美容点滴など
  • 小顔
  • バスト
  • わきが・多汗症
  • 鼻を高くなど
  • うす毛対策
  • ドクターブライダル
  • その他

美肌・美白

シミ(肝斑)の内服薬

シミの治療はレーザーや光、ケミカルピーリングを用いることが多いですが、シミ・肌荒れなどの光老化の予防や、肝斑の進行を防ぐためには内服薬による治療も重要です。

トランサミン

正式にはトラネキサム酸といいます。 以前は止血剤として用いられていましたが、近年は、少量を長期間服用することでシミや肝斑に効果があることが明らかになってきました。
紫外線によるダメージや洗顔・メイク時の摩擦によるダメージ、妊娠によるホルモンバランスの変化によって、皮膚のメラノサイト(メラニン産生細胞)が刺激されてメラニン産生が増加します。
トランサミンはそのメラニン産生細胞の働きを抑制することによってシミの進行を防ぎます。
開始2,3ヶ月で効果が現れ始め、その後徐々に肝斑が薄くなります。その後も継続することにより、お肌全体のトーンが明るくなっていきます。

シナール

ビタミンCの製剤です。
抗酸化作用(還元作用)により、メラニン色素の産生を抑えると同時に、すでにできてしまったメラニン色素を漂白する効果があります。
また、真皮層の線維芽細胞(せんいがさいぼう)と呼ばれるコラーゲンを賛成する細胞が活性化されるため、小ジワやタルミの予防効果もあります。

ユベラ

ビタミンEの製剤です。
ビタミンCと同様の抗酸化作用があり、ビタミンCと同時に摂取することで相乗的に効果が発揮されます。
また、コレステロールなどの脂質の代謝作用を助け、血行を促進する効果もありますので、動脈硬化の予防や、お肌の血流改善・新陳代謝の促進効果があります。

料金表はこちら

シミの外用薬

内服薬は体の内部からシミに働きかけ、改善や予防の効果がありますが、シミの部分にピンポイントで高濃度に作用する外用薬も有効です。

ハイドロキノン・クリーム

シミの改善や予防効果のある外用薬です。
メラニン色素の合成酵素をブロックし、シミのメラニン量を減らしていく作用があります。
1日1回(夜)、洗顔後、化粧水の後に薄く塗ります。(塗る量が多いと赤みやひりつきなどといった症状が出る場合があります。)
まれにお肌に合わないことがありますので、薄く塗っているのに赤みやひりつきが出る場合は必ず医師にご相談ください。

トランサミン・クリーム(ローション)

内服薬のトランサミン同様、シミや肝斑のある部分に用いる外用薬です。
直接皮膚に浸透するため、内服薬に比べてより高い効果が期待できます。
また、今までに血管の詰まる病気(脳梗塞や心筋梗塞、下肢静脈血栓症など)に罹ったことのある方の場合、内服薬のトランサミンは止血作用もあるため使用できませんが、外用薬の場合はそういった方にも安心してご使用いただけます。
1日1~2回、洗顔後、ローションは化粧水の前にシミの部分に薄く塗ります。(クリームは、化粧水や美容液の後に用います。)

料金表はこちら